ふんだんに木を使った快適で低廉な本格木造住宅
沖縄「森林の家」

沖縄「森林の家」は、ふんだんに木を使い、調湿性・断熱性・吸しゃ音性の快適で、亜熱帯気候に適した仕様の住まいを実現しました。厚材を2枚重ねた柱を複数本並べて「列柱パネル(列柱壁)」(名付けて「琉球ウォール」)をつくり、在来軸組工法(注を参照)の柱と柱の間に組み入れて、土台と梁(はり)ではさみ込み(写真を参照)、がっちりした家を造り上げる画期的な工法です(実用新案登録第3235622号/登録日・令和3年12月9日)。
「琉球パネル」は、構造上、「筋交」を「補強する部材」(内装壁)ですが、公的機関での耐力試験の結果、揺れの耐力を示す壁倍率は通常を超える数値を示し、耐地震・耐強風性を実証しました。もちろんシロアリ対策を講じて、家族そろって永く住める本格木造住宅を提供します。また、建築資材を事前に製材プレカットして、建築現場に持ち込んで組み立てるので、建築工期を短縮し、建築費を抑えるとともに、沖縄の離島や海外でも同様な建築を可能にしました。。
〔注〕軸組工法とは……建物の柱(縦の構造材)と梁(横の構造材)を組み合わせた軸組みに、壁や床を取り付けていく工法です(図を参照)。日本で昔からお寺や神社、住宅に採用されてきた工法で、「在来工法」とも呼ばれています。部屋の広さや形など間取りが自由で、開口部も大きく取れ、部屋数を増して二世帯住宅にするなどリフォームも柔軟にできます。木の調湿効果や癒し効果に伴って、なによりも木のぬくもりのある住まいとなります。
※軸組工法とツーバイフォー(2×4)工法の違い……前者が柱・梁・筋交を組み合わせた「線」構造なのに対し、後者は「パネル」を組み合わせて床や壁を作る「面」構造となりますが、軸組工法の方が間取りやリフォームなどの面で自由度があります。

RC造りやビルの室内の「木質内装」に活用も可

「列柱パネル」は、RC造りやビルなどの「内装壁」に利用し、部屋・事務所・店舗内を快適で、美しく飾る木質内装として活用できます。

話題 ニュース

■沖縄「森林の家」の「パンフレット」と「リーフレットチラシ」をご用意しています

「パンフレット」(A4版・4頁)は、沖縄「森林の家」の特徴や、建築工程の説明、(一社)沖縄の家事業グループの目的などを紹介し、また、「リーフレットチラシ」(A4版・2頁)では、本住宅の建築施工に当たっていただく菅沼工務店(恩納村)の菅沼正典代表の講演録より「木の9つのいいとこ」(右図参照)を掲載しています。

沖縄「森林の家」のパンフレット」及び「リーフレットチラシ」をそれぞれクリックしますと、ファイルをご覧になれます。ご入用の方がいらっしゃいましたら、ご一報ください。プリントして必要部数をお送り申し上げます。

■沖縄「森林の家」の建築工程をプレゼンテーション

沖縄「森林の家」プレゼンテーション をクリックし、沖縄「森林の家」の<建築工程>のスライドを開いて、編集を「有効」にして、上部真ん中の「スライドショー」をクリックし、そのあと、左上の「最初から」をクリックすると、10秒おきに建築工程のスライドが移動しますので、ご覧になってください。

■「沖縄の家」構想の具体化として沖縄「森林の家」を開発

沖縄「森林の家」は、沖縄・国際物流拠点形成研究会(主宰:齋藤勁元衆議院議員)で提唱された「沖縄の家」構想(南九州から木材を移入し、沖縄で本格木造住宅を開発し、東アジア各国に輸出する)を具体化するため開発されました。東アジアに開いた沖縄づくりのひとつの事業、プロジェクトです。

沖縄・国際物流拠点形成研究会を主宰する齋藤勁元衆議院議員は「勁草塾」(けいそうじゅく)の代表理事を務めて、機会あるごとに沖縄に、国際政治学者の寺島実郎先生を招いて講演会を開いています。次のとおり、ご紹介します。

■「アジアダイナミズムの中での沖縄活性化戦略」をテーマに

 --寺島実郎先生が講演--

2023年7月28日夕、那覇市のJAおきなわ真和志支店会議室で(一社)勁草塾沖縄事務所(齋藤勁代表理事)の夏期特別講演会が開かれ、国際政治家の寺島実郎先生が講演しました。テーマの「アジアダイナミズムの中での沖縄活性化戦略」をクリックすると、講演会のまとめをご覧になれます。

また、勁草塾主催の寺島実郎先生の過去(2021年、2022年)の講演会も次のとおり、ご覧できます。

「沖縄から東アジアの平和と共生を」――寺島実郎先生講演会を開く――

2022年7月20日夕、沖縄市の市民会館ホールで、寺島実郎先生(日本総合研究所会長)と玉城デニー沖縄県知事を迎えて「沖縄から東アジアの平和と共生を」のテーマの講演会が開かれました。主催は勁草塾(けいそうじゅく)沖縄事務所(齋藤勁代表)。後援:琉球新報社、連合沖縄。協力:(一社)寺島文庫ほか。

この中で、寺島実郎先生は「コロナ・ウクライナ危機を超えて――沖縄の未来構想は何か」と題して講演、「アジアのダイナミズムを取り込むことが沖縄の課題」と提起しました。

玉城デニー沖縄県知事は「新・沖縄21世紀ビジョン」について説明し、県民の参加を促進して「ビジョンの着実な実現を目指す」と決意を述べました。

講演会のタイトル「沖縄から東アジアの平和と共生ををクリックすると、寺島実郎先生の講演や、玉城デニー県知事の話、会場の参加者を交えての質疑討論など、東アジアに開いた沖縄をどのようにして創り上げるのか、示唆に富んだ提言や指摘、意見をご覧になれます。

なお、本講演会に先立ち、2021年4月27日に那覇市・沖縄タイムスホールで開かれた、寺島実郎先生の講演と玉城デニー沖縄県知事との対談「コロナを超えて~東アジアの中での沖縄」の「まとめ」も、講演会のタイトルをクリックするとご覧になれます。

MENU
PAGE TOP